お役立ちコンテンツ一覧

Pマークを「名刺」で活用する方法


プライバシーマーク制度は、日本工業規格に適合して、個人情報に関しての適切な保護措置を講じている事業者を認定するものです。

 

そして、現在、プライバシーマーク取得支援サービス等によって、プライバシーマークを取得することが出来、名刺などに載せることが可能です。昨今のインターネット等による情報技術の発達は、個人情報の開示に関する問題も生じさせています。その為、情報保護の必要性が高まってきており、事業活動においても一定の情報の保護基準が強く求められています。

 

その流れを受けて、財団法人日本情報処理開発協会では、プライバシー制度を創設したわけです。消費者に分かりやすくするPマークは、個人情報の保護に関して、意識の向上につながり、社会全体にインセンティブを与えることになります。名刺などに載せるPマークの付与はJIS規格に基づいて第三者が行うので、事業者にとっては個人情報保護マネジメントの運用をアピールすることにもなるわけです。


現在、一般家庭にDMメールが届いたり、勧誘の電話がかかってくることがよくありますが、個人情報が漏洩している不安を感じているケースも多いと言えます。名刺などに載せるPマークを付与されている事業者は、無闇に個人情報を取得することはないので、信頼性が高いと言えます。名刺などに載せるPマークを付与されている事業者は、プライバシーマークを通じて、個人情報を適切に取り扱うとともに、消費者にPマークの意義をアピールしています。

 

そして、該当業者で働く人一人ひとりが、Pマークの自覚と誇りを持って、仕事に取り組んでいると言えます。それ故、名刺にPマークのある会社の社員は、それだけ責任を負っているわけです。それ故、プライバシーマーク取得支援サービス等により、Pマークの認定を受けることが、これからの事業者に求められてくると言えます。
 

Pマークのご相談はこちらまで↓↓↓
http://upfgroup.co.jp/pmark/
 

Pマークブログ用

この記事を書いた人

upf_pmark
upf_pmark
千代田区に会社を構える株式会社ユーピーエフです。
日本全国を対象にPマーク(プライバシーマーク)とISMS(ISO27001)の新規取得コンサルティング、取得後の運用支援事業を展開しております。

プライバシーマークについてのお問い合わせ・ご相談は→03-6240-9470 セキュリティーコンサルティング事業部まで

カテゴリー: お役立ちコンテンツ一覧