少年の個人情報記載文書…紛失か 福島少年鑑別所に調査

少年の個人情報記載文書…紛失か 福島少年鑑別所に調査

0318更新用

 

 

3月17日の福島民報の記事です。

福島少年鑑別所で収容されている少年の個人情報が記載された行政文書が紛失した疑いがあることが分かりました。紛失時期や経緯などは現在確認中とのことで具体的な情報は公表されていない。

 

若年層だから更生の余地があるというわけではないと思いますが、個人の犯罪歴やその後差別に繋がる情報の取扱は「要配慮情報」として厳正に取り扱うことが個人情報保護法では義務づけられています。今回は事故なのか事件なのか一切の情報がまだクローズの状態ですが、注目しておきたい一件です。

 

(記事より抜粋)

同管区は「現在、紛失した時期や経緯など詳しい情報を鑑別所から集めており、事実を確認中」としている。

 同鑑別所は福島民友新聞社の取材に、少年の個人情報が記載された行政文書を紛失した事実を認めたが、「調査中でコメントできない」とした。

http://privacymark-search.jp/news.php?d=20160317090000

By |2018-12-17T10:54:49+09:003月 18th, 2016|News|