塚本

株式会社釣りビジョンに不正アクセス!Pマークを取得しているものの問題発覚?


釣りに特化した内容に番組を放映している「株式会社釣りビジョン」は、釣りが趣味の方に支持されているケーブルテレビなどで活躍している会社です。しかし2019年1月25日に、何者かによって不正アクセスを受け、個人情報が流出してしまったと公表しています。

プライバシーマーク(Pマーク)を取得していることから、セキュリティ面では安全なはずの「株式会社釣りビジョン」は、なぜこのようなトラブルが発生してしまったのでしょうか。

「株式会社釣りビジョン」について詳しい内容と、問題の内容について解説していきます。

株式会社釣りビジョンとは?

多くの釣り好きに愛されている番組を製作している「株式会社釣りビジョン」は、ケーブルテレビなどで番組を放送するなど、幅広い情報を発信しています。番組のコーナーの一角として、プレゼント企画などを行っており、釣り好きの方のために必要な情報を発信しているため、多くの方が視聴している番組です。

どのような活動や情報を発信しているのか、詳しい内容を紹介していきます。

1.オリジナル番組

「株式会社釣りビジョン」は、年間500本以上のオリジナル番組を製作し、釣り好きのための番組を放送しています。あらゆる地方での釣り番組や魚の種類に合わせた番組など、数多くの番組を製作しているため、釣り好きの心を掴んで離さない番組が多数用意されているのが特徴です。

「株式会社釣りビジョン」が視聴できるのは、スカパーやJ:COM、ケーブルテレビ、ひかりTVなどがあります。釣りに関して詳しい情報をテレビを通じて知ることができるので、釣りに興味がある方には絶大な支持を受けている番組と言えるでしょう。

2.釣果・施設情報

釣好きには欠かせない釣果情報を「株式会社釣りビジョン」は提供しています。年間釣果10万件の日本最大級の釣果情報を閲覧することができるので、釣りが趣味という方にはおすすめです。

また全国各地で、釣りを楽しみことができる施設情報を提供しているため、近場の釣り環境がどのようになっているのか、調べてから釣りを楽しむことができます。

3.淡水解禁情報

海釣りだけでなく淡水での河川状況を知りたいという釣り好きの方も多いでしょう。そんな方のために、淡水解禁情報を「株式会社釣りビジョン」は提供しています。

淡水でしか釣ることができない鮎など、河川釣りを存分に楽しむことができる情報を掲載しているので、河川状況が知りたい方にはお得な内容が盛り沢山です。

4.プレゼント

「株式会社釣りビジョン」では、視聴者の方のためにお得な情報であるプレゼントを番組ごとに提供しています。プレゼントの内容は毎回異なりますが、主に釣りに関係するプレゼントが提供されているのが特徴です。

プレゼントを受け取るためには、番組で発表されたキーワードを入力して応募する必要があります。他にも必要事項を記入する必要があるので、個人情報を「株式会社釣りビジョン」に知らせることになるでしょう。

不正アクセスによって個人情報が流出

多くの釣り好きが視聴している「株式会社釣りビジョン」では、プレゼント企画などで個人情報を視聴者が入力することがあります。そういった個人情報を2019年1月25日に「株式会社釣りビジョン」のサーバーに何者かが不正アクセスし、個人情報が流出したと発表したのです。

何者かが不正アクセスしたデータベースには、2006年以降のプレゼント応募や番組人気投票などのフォーム入力情報である6万3,656件が含まれており、視聴者の個人情報が漏れてしまうことに繋がりました。

本来であれば安心して視聴し、守られるはずの個人情報が漏洩したことで、視聴者からの不満や不安が広がっています。「株式会社釣りビジョン」は、個人情報保護の管理体制が整っていることを外部に証明するプライバシーマーク(Pマーク)を取得していました。しかしそれでも不正アクセスを許したことから、さらなる個人情報保護の管理体制を整え、セキュリティ面を強化することが課題になります。

具体的な不正アクセスのトラブル内容としては、2019年1月5日にウェブサーバーの保守管理を委託する会社からサーバーの異常を検知したと連絡を受けてことから、不正アクセスの実態が発覚しました。

連絡を受けてから社内調査を実施すると、通常では考えられないほどの大量アクセスを確認したといいます。調査の結果、何者かが脆弱性診断ツールを悪用して、SQLインジェクション攻撃を仕掛けたことがわかったのです。サーバー内に侵入した痕跡が残っていたことから、攻撃は故意であることがわかるでしょう。

Pマークを取得していたにも関わらず不正アクセスを許す

第三者機関が審査を行い、十分に個人情報保護の管理体制が整っていることを証明するプライバシーマーク(Pマーク)を「株式会社釣りビジョン」は取得しています。セキュリティ面では体制が整っていると証明されているにも関わらず、何者かの不正アクセスを許してしまったことは、企業間だけでなく視聴者からしても衝撃の事件であったことが伺えるでしょう。

今回の不正アクセスを受けて問題なのは、今までのセキュリティ対策は不十分であるということです。どこに問題があったのか、改めてセキュリティの見直しを実施し、プライバシーマーク(Pマーク)の再審査を行う必要があるでしょう。

不正アクセスを許すまでは、問題ないとされていた「株式会社釣りビジョン」の個人情報保護の管理体制ですが、管理体制の状況次第ではプライバシーマーク(Pマーク)失効の恐れもあります。ただ今回の不正アクセスを踏まえた上で、さらなるセキュリティの強化を図る場合は、プライバシーマーク(Pマーク)を更新して外部にセキュリティ面は安全であることを証明することができるかもしれません。

しかし元々は個人情報保護の管理体制は問題ないと、第三者機関から証明されていたため、今回の不正アクセスは不測の事態であったことが伺えます。十分な体制を整えていたにも関わらず、セキュリティが破られていることになるので、視聴者はプライバシーマーク(Pマーク)があるから安全というだけではなく、自分自身の個人情報を守る術を身につけておくことも大切かもしれません。

基本的にはプライバシーマーク(Pマーク)を取得している企業や団体は、個人情報の管理体制が整っていることを証明しているため、安全なセキュリティで個人情報を管理していることがわかります。それでも今回のようなトラブルに発展することもあるので、企業や団体はさらなるセキュリティの強化を図り、視聴者は自身の個人情報を守る術を持っておくことが重要になってくるでしょう。

まとめ

多くの釣り好きを喜ばせるために番組を製作している「株式会社釣りビジョン」は、プライバシーマーク(Pマーク)を取得し、十分な個人情報保護の管理体制を整えていました。それでも今回の不正アクセスの事態を招いたことは、不測の事態であったため「株式会社釣りビジョン」側も驚きの事件であったと言えるでしょう。

ただ問題が発生したということはセキュリティ面に不安を覚える方は多いはずです。そういった視聴者の方のためにも、速やかにセキュリティの強化を図ることが大切になります。

プライバシーマーク(Pマーク)を取得しているからといって、確実に安全という訳ではなく、企業や団体はさらなる個人情報保護の管理体制を強固なものにすることが大切であると、今回の事件で認識することができたはずです。これからの「株式会社釣りビジョン」のセキュリティ向上の対策に期待しましょう。

この記事を書いた人

塚本
塚本
■出身地:福岡県
■趣味:FX、株式投資
■最近のはまり:仮想通貨、ブロックチェーン技術について
■苦手なもの:ねぎ

【UPF pmark】
千代田区に会社を構える株式会社ユーピーエフです。
日本全国を対象にDM発送代行、プライバシーマーク取得コンサルティング事業をしております。
プライバシーマークについてのお問い合わせ・ご相談は→03-6240-9470 セキュリティーコンサルティング事業部まで

カテゴリー: 塚本