塚本

開業医は開業準備段階でPマークの取得を


開業医を目指す医師は、用意周到にすべき事が多々あります。
自身の得意とする診療方針固め、診療方針の深堀り、発信、開業エリアの開拓、資金調達、医療器、薬局卸の業者選別、スタッフ応募、選別、集客、市町村への届け出など、多々あります。

そうした準備の項目で患者のプライバシー、個人情報を守る手立てとしてPマークの取得をされる事をおすすめします。

開業医の準備段階で項目の中に、Pマークの取得についてもスケジューリングに組み込むと開業してから病院経営の安定、患者から信頼を得られ、スムーズな診療へと運ぶ事ができます。

開業準備段階において

医師が開業医を開業するにはを決意し、それなりの準備は多大なものです。
自身の得意とする診察、診療、診療方針の発信、深堀、開業エリアの開拓、資金調達、医療器の選別、スタッフ応募、集客、市町村へのて届け出きなど多々あります。

開業医ですから、自身が院長として経営にも携わる事になります。
勤務医にはない醍醐味、やりがい、報酬はやり方次第ではかなり、大きなものである事でしょう。
しかし、リスクも大きいものです。開業エリアの開拓の不動産、医療器の導入、看護師や受付の医療事務員の雇用など資金面でも大きな準備を要します。
開業医としては、経営の手腕に長けてないと借金、倒産のリスクも大きいものです。

また、お金がかかる問題だけでなく、医療関係には、想像以上に個人情報の保護について神経質になる必要があります。
患者には病歴、カルテが伴います。
通常の個人情報の住所や年齢という一般的なものだけではありません。
とりわけ自分の病歴など、漏洩されるほどいやな気分になるものはありません。
しかし、医師にはなかなか、こうした個人情報についての適切な処置を行うノウハウを学ぶ機会を知らされる事もはなかなかないのが現状です。
それには、Pマークの取得の専門のコンサルティングに相談してみるのも一つの方法です。

患者の守秘義務を遵守するためにも、医師もPマークの取得をしておくと、開業するにあたり信頼の証を証明することができます。
新しい病院が出来ると、患者の立場としては、信頼できるかどうか気になるところです。
受付の窓口、病院の公式ページにPマークを掲げて置くと信頼と証になります。

また、医薬品卸の会社や医療機器などの業者との取引も発生します。
信頼される医師としても、今後お付き合いさせて頂く取引の会社を選別するにあたっても、Pマークを取得している会社なのかどうかも一つの目安になります。

また、医療事務員、看護師などのスタッフの教育においても、個人情報の保護についても意識を高める指導をおすすめします。
適切な指導をもPマーク取得をする段階で、ノウハウをアドバイスを仰ぐ事もできます。

開業してから、患者が来るようになると、日々の診療に追われて、なかなかプライバシーマークについての学習は着手しにくいものです。
病院は、想像以上に人間関係の問題は、シビアです。
うっかりと個人情報の漏洩が発覚して、トラブルになったら、開業医としての信頼が損なわれてしまいます。

新たなクリニックの続出

医療の進歩でドクターにとっても得意分野が出てきて、思い入れのある地域で開業を目指したいドクターもいることでしょう。例を言いますと、心療内科、睡眠外来、今までは町で目にする事のなかったジャンルの診療を行う病院が増えつつあります。

とりわけ精神科系の内科プラス診療系のクリニックは急速に増えています。
ストレス社会でうつ病、高齢化社会での認知症における精神科の患者が急速に増えています。

それだけに、医学の進歩でなかなか治療を諦めていたことが、解決できるのです。
患者にとってそれだけ嬉しいことはありません。

風邪やちょっとした怪我などは、人に知られても「お大事に」で済みます。
けれど、精神疾患は知り合いにもなかなか知られたくないものです。
精神疾患者のプライバシーを守るのは、より一層神経を張り巡らす必要性が出てきます。

ドクターのちょっとした一言で、病が良くも悪くもなるのが精神疾患です。
精神疾患患者のプライバシーを守るのにも、 Pマークを取得済みであり、個人情報保護の知識があれば、より適切な声がけを患者に対しても医師とし出来る事でしょう。

クチコミの効果

病院は、地域密着性が高く、クチコミ効果が高いものです。だれもが、引っ越した新たな先での病院を知りたいものです。
ようやく知り得た人などに、評判のいい病院を聞いたりするものです。
また、ネットで病院についてのクチコミの情報も寄せられています。患者はこうした情報をたよりに、病院を探します。

そうしたクチコミから呼び込めるサイトでもしっかりとプライバシーマーク認定のマークを掲げておけば、より一層患者の安心感を得ることができて、新な患者の集客に務めることができます。

町の安心できるかかりつけのお医者さんになるには、Pマークの取得が大きな効果をもたらします。

まとめ

開業医を目指し、準備に着手しようと検討しはじめたのなら、Pマークの取得、プライバシーマークについての認識を深める事により、患者に寄り添った、頼り甲斐のある町のかかりつけのお医者さんになる手助けとなる事でしょう。
ぜひ、準備する項目としてスケジューリングに組み込まれる事をお勧めいたします。

★こちらの記事もおすすめ

→【仮想通貨を支えるブロックチェーン技術の仕組みと取引所のセキュリティってどうなっている?(ISMS取得事業者からよくある質問)】

この記事を書いた人

塚本
塚本
■出身地:福岡県
■趣味:FX、株式投資
■最近のはまり:仮想通貨、ブロックチェーン技術について
■苦手なもの:ねぎ

【UPF pmark】
千代田区に会社を構える株式会社ユーピーエフです。
日本全国を対象にDM発送代行、プライバシーマーク取得コンサルティング事業をしております。
プライバシーマークについてのお問い合わせ・ご相談は→03-6240-9470 セキュリティーコンサルティング事業部まで

カテゴリー: 塚本