塚本

Pマークのeラーニングについて


社員教育をeラーニングに導入している企業が増えています。pマークにおいてもeラーニングでの社員教育が増えているようです。

eラーニングでのPマーク教育の背景

社員教育、新卒の研修など企業においては、その業界においての知見を学習するため、本来の業務よりもそうした教育の時間を優先せざるおえない時は、どうしても発生します。

ビジネスは一刻を争う時、ビジネスチャンスを逃したくない時は多々あります。

また、事業所が各地で展開していると、研修所までの交通費、研修会場などの費用も発生します。
従業員にも体調や個々の事情があり、やむおえず研修を受講できない場合も発生します。

そうした背景を踏まえると、eラーニングを導入することにおいて、オンラインの環境さえあれば、従業員の事情に合わせた、コストパフォーマンスの高い研修機会を設ける事ができるようになりました。
最近では、企業の教育、研修をeマークを導入する企業が増えています。

Pマークの取得における研修、学習機会は、eラーニングを導入する企業が増えております。

eラーニングでのPマークでのメリット

こうした企業の事情、従業員の事情に合わせられるのがeラーニングです。ネット環境さえ繋がっていれば、従業員の都合のいい時間帯での研修を受講できるのが可能です。
また、繰り返し学習できるので、理解度、認識度も深まります。従業員も隙間時間を活用する事ができます。
Pマークの研修機会をeラーニング方式で導入するにあたり、従業員一人あたり1,000円前後の費用が、だいたいの相場のようです。
従業員にも都合や体調の都合があっても、マイペースで受講できるのがメリットです。

eラーニングでのPマークでのディメリット

eラーニングを導入した安心感により、いつでもできるという後回しにしてしまう傾向を生み出してしまい、Pマークの取得期間が長くなってしまうのがディメリットです。
一方的になってしまい、Pマークとの専門家との直接のフィードバックを感じられないのもディメリットです。
あえて、専門家の研修、セミナーを受ける事により、疑問点などが直接、専門家から解消される事があります。
何となく、わかった気になってしまう、いつでも学習できると、つい後回しにしがちになってしまうのがeラーニングのディメリットです。

まとめ

場所、時間を選ばなく、コストパフォーマンスの高いeラーニングのメリットですが、いつもでできるが故、期間が長くなりがちなのがディメリットです。
Pマーク専門の斡旋業者は、早く取得できるように激成し、呼びかけるようなフォロー体制、セミナーを行なってく機会を持つことによって、Pマークでのeラーニングも効果が出るとの実績作りに努めたいものです。

この記事を書いた人

塚本
塚本
■出身地:福岡県
■趣味:FX、株式投資
■最近のはまり:仮想通貨、ブロックチェーン技術について
■苦手なもの:ねぎ

【UPF pmark】
千代田区に会社を構える株式会社ユーピーエフです。
日本全国を対象にDM発送代行、プライバシーマーク取得コンサルティング事業をしております。
プライバシーマークについてのお問い合わせ・ご相談は→03-6240-9470 セキュリティーコンサルティング事業部まで

カテゴリー: 塚本