個人情報が社会問題になっていることから、日本でも様々な取り組みが行われています。その一つが一般財団法人情報経済社会推進協会にあるプライバシーマーク推進センターの設立です。

 

個人情報の取り扱いを適切に行うことは事業者に求められることですが、これを推進するために設立されました。日本工業規格ではJIS Q 15001に、「個人情報保護マネジメントシステム」の要求事項が定められています。この要求事項に適合していれば、個人情報を適切に扱っていることが規格として認められます。

 

それを認めた事業者であることが認定されると、プライバシーマークが付与されます。このマークを事業に用いることができるのです。個人情報を保護する法律が制定されたのはごく最近のことですが、この取り組みは法律が制定される前から行われています。

インターネットが普及してきたことによって、個人情報がネットワーク上で流通するようになり、大量の情報が短時間で処理されるようになってきたために、個人情報の保護の必要性は強くなってきたと言えるでしょう。

 

しかし、具体的にどのような対策をすれば良いのか分からない事業者も多くあるため、その方針を打ち出したり指導したりすることが必要とされるようになってきました。それを消費者にとって分かりやすく表示するための制度がプライバシーマークだと言えるでしょう。

 

事業者にとっては規格に適合させることが必要ですが、具体的な手続きはプライバシーマーク取得支援サービスなどを利用して適合させることができます。

 

Pマークのご相談はこちらまで↓↓↓
http://upfgroup.co.jp/pmark/