プライバシーマークを取得する際には、プライバシーマーク取得支援サービスを利用する企業が多く、すでにサービスを提供しているコンサルティング会社もたくさんあります。

 

プライバシーマークを取得する際の最も大事な注意点が、このコンサルティング会社を正しく選ぶことです。というのも、現在、コンサルティング会社を設立してサービスを提供することは、誰にでもできることなのです。

 

制度が整えられていないために、中にはクオリティの低いコンサルティング会社もあります。これが注意点として抑えておきたいところです。

 

では、具体的にはどうやって見分ければ良いのでしょうか。

分かりやすいのは経験や実績です。すでに経験や実績が十分にあるコンサルティング会社であれば良いのですが、そうではない会社もあります。それを確認することは最も大事なことでしょう。

料金が安いことを強調しているところも少し注意しなければなりません。というのも、コンサルティング会社を利用するのには高い報酬が必要になるのが普通です。それにもかかわらず安い料金で提供できるというのは、何か問題があると考えておいた方が良いのです。

 

ほかにも、プライバシーマークを取得するためのツールを勧められることもあります。申請のためのマニュアルなどがセットになっています。それにマッチする企業であれば良いのですが、企業の現状はそれぞれで異なるのが普通です。

 

大企業と零細企業が同じ対策をするべきではないでしょう。

 

Pマークのご相談はこちらまで↓↓↓
http://upfgroup.co.jp/pmark/