プライバシーマークのデザインについて

プライバシーマークを取得しようと考えている日本企業は多いです。

 

その背景には日本の国民性として個人情報の取り扱いにはかなり厳格であるという社会的な背景があると言われています。

そのため個人情報の取り扱いに対してしっかりとした体制を整えているということは信頼される企業であるための最低条件であると考えられており、それを対外的に示していくことが企業の姿勢として求められています。

 

個人情報管理体制に関連したノウハウのない企業であれば、プライバシーマーク取得支援サービスを利用してでも認証取得に力を注ぐという方法が有効に機能します。既に確立した方法を参考にするのが望ましいでしょう。


その様にして取得するプライバシーマークは決められたデザインのまま使用することが求められます。プライバシーマークはロゴの色やデザイン、カラーリングや比率の変更も認められないという非常に厳しい使用上のルールが存在しているマークであり、このマークを取得していることによって誰もが一目瞭然に個人情報の取り扱いに力を注いでいる企業であるということを理解することが出来るのです。

 

顧客の信頼を獲得する方法として非常に有益なものであるという認識が広まり、個人情報を主に取り扱う企業を中心としてプライバシーマークの認証取得に力を入れるようになりました。

現在では個人情報を取り扱わないサービスの方が少なくなってきているため、適切な情報管理体制を持っているということを対外的に証明する必要が生じているのです。

 

Pマークのご相談はこちらまで↓↓↓
http://upfgroup.co.jp/pmark/

 

Pマークブログ用

By |2018-12-17T10:54:41+09:004月 14th, 2016|藍田|