ブログ

こんなメリットが!業種ごとに考えるPマークの重要性


f1

Pマークの重要性は現在、さまざまなビジネスシーンにおいて注目されています。今回は、個人情報とのつながりがイメージしやすい業種から意外なものまで、いくつかの業種におけるPマーク取得のメリットをご紹介しましょう。思わぬフィールドでPマークが活きてくることがお分かりいただけるはずです。

Pマークが活きる業種の数々

Pマークは以下のような業種でメリットが期待できます。自社でもPマークによるメリットがないか考えてみましょう。

コールセンター

f2

コールセンターでは通常、膨大な量の個人情報を扱うことになります。そのため、委託・請負型のコールセンターがクライアントのコールセンター業務を行うためには、Pマークは必須といえるでしょう。近年では取引の前提条件となっていることも少なくありません。

通信販売

f3

今や通信販売を利用する顧客の多くが、自身の個人情報取扱に関して敏感になっています。「情報の暗号化対応をしていないECサイトは利用しない」と考えているユーザーもいるほどです。Pマークを顧客に見える形で提示することで、売り上げへの大きな影響が期待できるでしょう。

システム開発

f4

情報セキュリティ要求の高まりに伴い、大手に企業になればなるほどシステム開発を委託する企業に高い情報管理体制を求めるようになりました。新規の取引にはPマークを条件としている企業も少なくありません。取引先から監査が少なくなることもメリットといえます。

転職・就職支援

f5

転職・就職支援ビジネスを行っているのであれば、登録者の個人情報の取り扱いに細心の注意を払わなければなりません。Pマークを取得し、厳格な個人情報管理体制をアピールできれば、安心感を与え登録者の増加につながるでしょう。

広がり続けるPマークのニーズ

こちらで紹介したのはごく一部であり、他にもPマークによって大きな恩恵を受けられる業種はたくさんあります。個人情報保護法改正に伴い、そのニーズはさらに高まるでしょう。また、BtoC、BtoBと顧客となる相手が変わってもアピール力を持つのがPマークの特徴です。自社のビジネスにPマークを取得するメリットを見いだせたなら、なるべく早めに取得へと乗り出したほうが賢明でしょう。

 

 

この記事を書いた人

upf_pmark
upf_pmark
千代田区に会社を構える株式会社ユーピーエフです。
日本全国を対象にPマーク(プライバシーマーク)とISMS(ISO27001)の新規取得コンサルティング、取得後の運用支援事業を展開しております。

プライバシーマークについてのお問い合わせ・ご相談は→03-6240-9470 セキュリティーコンサルティング事業部まで

カテゴリー: ブログ