セキュリティー関連ニュース

JR九州アプリに別会員の個人情報表示 利用停止と発表


JR九州アプリに別会員の個人情報表示 利用停止と発表

0414更新用

 

 

4月13日の西日本新聞の記事です。

スマートフォンアプリ「JR九州アプリ」が会員がログインすると別会員の情報が閲覧できてしまうというシステム障害があったことを発表した。3月15日より運用が開始されたアプリだが現段階では原因不明でるが、ブラウザやPCからログインすれば通常通り使用可能であるという。

 

列車の予約機能が搭載された本アプリなので、当日の乗客にも混乱をきたしたと予想される。まだリリースされて間もないアプリのようだが他人の個人情報を閲覧できる・される状況下にあったことはかなり不安視されるだろう。

とは言っても、インフラ関係のウェブサービスの需要は今後も勿論高まるため早急に復旧し利便性の高いサービスとして普及されることが一番である。

 

(記事より抜粋)

利用者からの指摘を受け調査したところ、会員15人の名前やメールアドレス、クレジットカード番号の一部が、別会員のアプリ画面に表示された可能性があるという。

http://privacymark-search.jp/news.php?d=20160413162959

この記事を書いた人

upf_pmark
upf_pmark
千代田区に会社を構える株式会社ユーピーエフです。
日本全国を対象にPマーク(プライバシーマーク)とISMS(ISO27001)の新規取得コンサルティング、取得後の運用支援事業を展開しております。

プライバシーマークについてのお問い合わせ・ご相談は→03-6240-9470 セキュリティーコンサルティング事業部まで

カテゴリー: セキュリティー関連ニュース