セキュリティー関連ニュース

カード交付時に使用不能、相次ぐ…マイナンバー


カード交付時に使用不能、相次ぐ…マイナンバー

0406更新用

 

 

4月3日の読売オンラインの記事です。

読売新聞が全政令市(20市)に取材したところ、マイナンバーにおけるシステムトラブルが内16市で確認された。

(記事より抜粋)

チップには、不正アクセスを受けた際、自動的にデータを消去するなどの自衛機能が備わっており、「地方公共団体情報システム機構」(東京)で頻発しているシステム障害を不正アクセスと誤認し、使用不能になるとみられる。カードの交付遅れが続く中、再発行まで必要な事態になっている。

定期的にマイナンバーのシステムに関する不具合の記事が書かれるが、実際トラブル件数は変わらないのだろうか。現在218万通が個人に未達と言われている中再発行もままならない状態ではどうにもマイナンバーが常態化する生活がイメージしにくい。

新しい試みには逆風がつきものである以上、高い対応力が求められている。

http://privacymark-search.jp/news.php?d=20160403030000

この記事を書いた人

upf_pmark
upf_pmark
千代田区に会社を構える株式会社ユーピーエフです。
日本全国を対象にPマーク(プライバシーマーク)とISMS(ISO27001)の新規取得コンサルティング、取得後の運用支援事業を展開しております。

プライバシーマークについてのお問い合わせ・ご相談は→03-6240-9470 セキュリティーコンサルティング事業部まで

カテゴリー: セキュリティー関連ニュース