用語集

機微な個人情報


企業が活動を行う上で極めて重要性が高いと言えるのが個人情報の保護です。大切な顧客の情報を守れなければ、いかに良い品物を販売しても評価はされません。一度の情報流出が致命傷になるケースも往々にしてあります。一つ大きな問題となっているのが、企業がプライバシー情報保護に力を入れているかどうかは、消費者にとって見えにくいということです。情報は流出してしまうと大きなニュースとなりますが、情報を丁寧に扱っていることはなかなか話題に上がりません。消費者としては本当に守ってもらえるか不安を抱きながら、購入や契約などを行っています。そこでPマークが非常に役立ちます。プライバシーマークとは企業が顧客の情報などを適切に扱っていることを示すマークです。これは第三者機関からの認証を必要とするため、客観的な評価といえます。プライバシーマークを取得すれば、情報の保護に力を入れていることを他の企業や消費者にアピールすることが出来るので、取得を目指す企業が増えています。

機微な個人情報についてのお役立ち情報

Pマークはどんな企業でも取得出来るわけでなく、個人情報の保護を適切に行っていて尚且つ、プライバシーマークを取得できるように活動をした企業が対象です。そのため、いくらプライバシー情報の保護に力を入れていても何もしなければ、認定を受けることにはなりません。しっかりとプライバシーマーク取得の要件を満たしていることを証明し、しかるべき手続きを踏む必要があります。まさに全社を挙げた大きな企業活動です。しかしながら、マーク取得のためにそこまで人員を割くことが出来ない企業もあります。そこでマーク取得の代行会社に依頼するケースも増えています。代行会社に依頼すれば認証を受けられる可能性も極めて高いので、そこまでに掛けた費用が無駄になりません。また、完全に代行してもらうだけでなく、マーク取得へのアドバイスなどを受けることも出来ます。このマークがあるか無いかで相手に与える印象が段違いなので、代行や相談をしてでも取得する価値は十分にあるといえます。


関連記事一覧

カテゴリー: 用語集