用語集

開示とは?


Pマークの認証制度には、開示などの求めに関する条項が含まれていますが、この場合の意味は、登録などによって保有している個人情報を見せることです。例えば、登録者本人が登録先の事業者などに対し、自らの個人情報を見たいという場合、その旨を請求することを開示請求と呼びます。事業者は保有する個人情報をむやみに他人へ見せることはできませんが、登録者からのその請求があり、本人確認が取れた場合は、当該請求に対して、該当する個人情報を見せることが義務付けられています。また、その請求を受けた事業者が当該する個人情報を提示する際、経費などが発生した場合は、手数料を徴収しても良いことになっています。ただし、実費を基軸に合理的と判断される範囲内で手数料の金額を定めることが規定されていますから、利益などを上乗せすることはできません。さらにその手数料や請求方法、ならびに請求先も、事前にWebサイトなどで掲載しておかなければなりません。

Pマークの認証制度についてのお役立ち情報

プライバシーマークの認証制度の項目には、純粋な個人情報のほか、事業者が所有する個人情報の改廃や、利用目的に関する通知なども含まれています。規約内ではそれらが個別に分類されており、場合によっては別途適用ルールが明記されているなど、目的により、その完遂に必要であれば当該範囲内において、規定に沿わなくても対応できるように記されています。もしも、登録者が自分の個人情報を誤って登録するなど、後日当人からその修正の希望が出た場合は、目的の完遂に不可欠な行為のため、訂正既定の対象に該当しないことになっています。一方、対象の開示というものもありますが、これは個人情報を保有する事業者が、個人情報の請求などに関して対処可能な範囲を意味します。そのため当人より個人情報を直接得た場合は、個人情報請求対象者の個人情報になりますが、委託などの業務によって依頼先から得た個人情報にはその権限がないため、個人情報請求対象者の個人情報には該当しません。


関連記事一覧

カテゴリー: 用語集