用語集

安全管理措置とは?


Pマークの安全管理措置とは、個人情報が漏えいしたり紛失したりすることを未然に防ぐ措置になります。そのための策が行われているかが問われます。求められるのは、組織的、技術的、人的、物理的な面からの安全管理措置になります。組織的では、責任者の権限を明確に定めることが必要になります。人的措置では、従業員など組織で仕事をする人が業務上知りえた情報の扱いに対する教育や訓練を行います。わからなければ、勝手に他社に流してしまうこともあるでしょうが、教育をすることで防げます。物理的措置では、情報を取得したり管理する場所などがあります。ファイリングであったり、サーバなどにデータを保存するのであれば、それらの取得方法や安全性などの措置が必要になります。技術的そちは、セキュリティシステムなどの仕組みの導入です。ネットワークであれば、コンピュータ上のセキュリティシステムになります。アクセス制御などの仕組みが整えられているかが問われます。

安全管理についてのお役立ち情報

Pマークでの安全管理措置とは、大きく分けて4種類があり、それぞれのための仕組みを持っておく必要があります。組織的、人的、物理的、技術的の4つの面から一定の措置を取るようにします。行うにあたっては、取得をするとき、会社などでその仕組みが整っているかどうかが問われます。実際に行っているところを示すのがよさそうですが、すべての人がその行動を常にとっているわけではありません。見られる部分としては、その決まりがきちんと作成されていて、ガイドラインとして浸透できる状態にあるかになります。組織的に行おうとするとき、文書だけでなく、実際にその組織をまとめる人がいるかが問われます。監督責任者を設置し、一定の役割を与えます。個人情報を保護管理するための管理者を置くことによっても、組織的な対応ができているかを示せます。人的な部分として、採用や派遣社員を利用するときなどに締結する仕組みがあります。働いている人の情報を守れている科の措置です。


関連記事一覧

カテゴリー: 用語集